Event

国土交通省認定中央建設企業経営振興事業協同組合連合会 認定基準

一覧に戻る

経営監理技能評価分野

経営監理技能

認定を受けた企業にできること

  • 中長期の事業計画が策定されている。
  • 事業計画達成の為の組織作り、ビジネスモデル、マーケテイングができている。
  • 決算書の安定性分析、収益性分析ができる。
  • 社員の目標管理制度を構築できている。
  • 自社に適した問題解決型の会議制度を構築できている。
経営監理技能評価分野
ソフトを使用した住宅ローンシミュレーションの例1
ソフトを使用した住宅ローンシミュレーションの例2

経営監理技能評価分野について

事業計画、業務管理等3カテゴリ計20の基準をもとに専門家が認定を行います。

(1)事業計画
1 会社の中長期の事業計画(3年、5年、10年)について理解し、作成ができる。
2 損益計算書の数値計画について理解し、作成ができる。
3 貸借対照表について見方と分析ができる。
4 事業計画を達成するための①組織作り ②ビジネスモデル ③マーケテイングについて基礎を理解し、動機付けができる。
5 金融機関の与信格付けの仕組みを理解し、現状の与信格付けの分析と対策ができる。
6 キャッシュフロー経営の基礎を理解し、アドバイスができる。
7 決算書の分析の基礎の安定性分析と収益性分析を理解し、自社の分析ができる。
8 SWOT分析を理解し、自社の環境分析ができる。
9 競争戦略を理解し、自社の戦略が作成できる。
10 バランススコアカードを理解し、様々な戦略を理解し、自社に活かせることができる。
(2)業績管理
1 経営判断に必要な資料を理解し、その個々の資料の分析ができる。
2 業績会議における進行の方法を理解し、自社にあるべき業績検討会を構築できる。
3 社員の目標管理の手法を理解し、自社にあった目標管理制度を構築できる。
4 会社における月次・四半期・半期業績会議の手法を理解し、自社にあった制度を構築できる。
5 原価管理の手法を理解し、自社の原価管理の改善点を理解できる。
5 現状の会議制度を分析し、自社に適した問題解決型の会議制度を構築できる。
(3)その他【研修を通して】
1 自分の目標管理を分析し、自分の甘さを改善できる。
2 自分の将来のミッションを明確にすることができ、社内での存在価値を研修後構築できる。
3 会社全体が、組織経営、計画経営が実現できる指導者の候補になれる。
4 受講性が問題意識、主体性を持った技能を習得できる。
経営監理技能評価分野 認定書の写真

経営監理技能評価分野 認定証

事業計画達成の為の組織作り、ビジネスモデル、マーケテイングなどについての資格です。事業計画、業務管理等3カテゴリ計20の基準をもとに専門家が認定を行います。

認定を行う専門家

菊地 長月の写真

マスターピースコンサルテイング株式会社 代表取締役 菊地長月税理士事務所 所長税理士

菊地 長月

評価記事で貴方の会社の価値を高めませんか? お気軽にお問い合わせ下さい

Company

この認定を受けた企業

0

認定基準一覧に戻る

Top