Event

国土交通省認定中央建設企業経営振興事業協同組合連合会 認定基準

一覧に戻る

営業技能評価分野

営業技能コミュニケーション

認定を受けた企業にできること

  • お客様との相互理解を深めるコミュニケーション力がある。
  • 住宅建築の総合的な知識があり、中立公正な立場でのアドバイスができる。
  • お客様の要望と制約条件を調整できる能力がある。
  • お客様の不安や要望に対し、わかりやすくプレゼンテーションができる。
  • 柔軟な思考を持ち、前向きで明るい態度でお客様と接することが出来る。
営業技能評価分野イメージ

イラストを使用した説明の例

イラストを使用した説明の例1
イラストを使用した説明の例2

営業技能評価分野について

コミュニケーション力、知識/調整力等4カテゴリ計18の基準をもとに専門家が認定を行います。

(1)コミュニケーション力
1 一方的に説明するのでなく、お客様との相互理解を深めながら、対話が出来る。
2 お客様の家族全員の要望や状況に関心を寄せている。
3 お客様の理解を確認しながら、分かりやすく住宅計画を進めることができる。
4 住宅計画を楽しめるような対応をしてくれる。
(2)知識/調整力
1 学習意欲に溢れ最新の情報や知識に常にアクセスし、お客様の住宅計画に適切な提案が出来る。
2 お客様の知識や情報量に応じた説明をする能力がある。
3 お客様の要望(間取り、インテリア、設備、デザインなど)と制約条件(資金、時期、土地など)を調整する能力がある。
4 住宅建築の総合的な知識と調整力があり、他社商品も比較した住宅建築や業者選定を中立公正な立場でアドバイスする能力がある。
5 お客様の住宅建築の本来の目的を明確にし、お客様の気づいていない提案やアドバイスを行うことが出来る。
6 ご家族の異なる要望や条件に対し、家族それぞれが満足できるように調整し対応する能力がある。
7 土地を探しているお客様の要望を良く聴き、短期間で要望に沿った土地とプランニング計画を提案することができる。
8 設計、工事、関連業者など社内外のメンバーとの調整や情報伝達をスムーズに行うことができる。
(3)プレゼンテーション力
1 お客様の不安や要望に対し、わかりやすい言葉やイラストでプレゼンテーションする能力がある。
2 お客様の要望のもとにある生活行為(家事労働的生活行為、生理的生活行為、社会的、趣味的生活行為)を十分に把握した上で適切な提案を行っている。
3 住宅計画のスケジュールをお客様の状況に応じてアドバイス出来る。
(4)姿勢
1 意欲に満ち溢れ、お客様の幸福を心から願っている。
2 「お客様のお役に立ちたい」「お客様を理解したい」という信念を持っている。
3 柔軟な思考を持ち、前向きで明るい態度でお客様と接することが出来る。
営業技能評価分野 認定書の写真

営業技能評価分野 認定証

コミュニケーション力、知識/調整力、プレゼンテーション力などについての資格です。コミュニケーション力、知識/調整力等4カテゴリ計18の基準をもとに専門家が認定を行います。

認定を行う専門家

若林 信孝の写真

アルファヴォイスコンサルティング株式会社 代表取締役社長

若林 信孝

評価記事で貴方の会社の価値を高めませんか? お気軽にお問い合わせ下さい

Company

この認定を受けた企業

0

認定基準一覧に戻る

Top