Project

施工事例詳細

一覧に戻る

No. 827

工場内にて配管の埋設調査

愛知県内の工場内にて配管の埋設調査を自動貫入試験機ジオカルテⅢにておこないました。

施工会社:
株式会社ジオメディカル
エリア:
愛知県
カテゴリー:
その他、その他
費用・予算:
非公開
みんなの評価:

未評価

未評価

物件概要

物件情報

  • 施工日:29年6月
  • エリア:愛知県

費用・予算

非公開

その他スペック

自動貫入試験機ジオカルテⅢ
型式:SS301型
試験方式:スウェーデン式サウンディング試験方法に準じたコンピュータ制御による自動貫入試験機
試験荷重の変更:自沈状態を自動検出し、6段階(0.05、0.15、0.25、0.50、0.75、1.0kN)又は4段階(0.25、0.50、0.75、1.0kN)で自動切り替え
チャック開閉方式:自動でロッドをチャッキング、手動でチャック解除
貫入ロッド:φ19×750mm溝付き、外周3カ所にチャッキング用溝加工
最大ロッド回転速度:約25rpm
ロッド最大回転トルク:210N・m
最大昇降速度:160mm/秒
荷重センサ:歪みゲージ式荷重検出器
荷重制御:荷重センサによる荷重フィードバック制御
制御方式:マイコン制御(32bit制御用マイコン使用)
試験データ記録:標準モード自沈貫入時状態変化で記録、回転貫入時250mm毎に記録
試験データ出力:内蔵プリンタに印字、通信(RS232C)を使用してパソコン等に出力、コンパクトフラッシュ(CF)、USB(オプション)に出力
試験データ出力内容:試験情報(試験年月日、時間、試験番号)
データ記憶容量:試験データ(貫入量、荷重、半回転数、観察記録、ロッド回転トルク等)、回転貫入のみの場合で、50ポイント、合計5000m分
試験機構造:ビルドブロック方式(5つのユニットに分割、各ユニット重量25kg以下)
試験機寸法:W630×D930(D1100)×H1290 ( )内は車輪引き出し時。(試験時)
試験機質量:105kg(おもり無し)、149kg(おもり有り)
制御装置寸法:W448xD349.5xH459
制御装置質量:24.5kg
電源仕様:単相AC100V±5% 15A 50/60Hz(関西/関東共用)
使用温度:0~45℃

みんなの評価

未評価

未評価

感動した
0人
素晴らしい
0人
とても良い
0人
良い
0人
いまいち
0人

会員登録をして、貴方の評価をランキングに反映させてください!

会員登録

会員の方はこちらからログイン

合計点数はみなさんの評価の単純な平均値ではありません。不正等を防止するため、独自のアルゴリズムにて算出しております。

Top